業務案内

株式会社三栄は埼玉県八潮市に事務所を構え、主に越谷市・草加市など県内や都内一円、関東近郊にて「型枠解体」に特化した工事を請け負っております。マンション・商業施設・オフィスビル・公共施設などの大型建築物を対象とする施工経験が多数ございます。
こちらのページでは弊社が携わっている「型枠解体」の内容についてご案内します。

鉄筋コンクリート造建築物の建設工事における型枠解体工事

「解体工事」というと多くの方が「重機で建物を壊していく工事」を思い浮かべると思いますが、弊社の主力業務である「型枠解体工事」はその名のとおり「型枠」の解体に特化している工事です。
型枠解体は鉄筋コンクリート造建築物の新築工事で行なわれる作業です。柱や床などを形成する際、まず組み立てた型枠の中に柔らかいコンクリートを流し込みます。コンクリートが固まると型枠を取り外し、屋外に搬出します。この工程が型枠解体です。

型枠を取り外すだけの簡単な作業にも見えますが、実際には長年の経験と技術が求められます。万が一コンクリートに傷がついてしまうと補修が必要になるため、細心の注意を払って作業を進めています。また、現場全体の流れに影響が出ないようスピードも重視しています。

弊社には型枠解体に特化した熟練の職人がそろっています。お客さまにご満足いただける施工で、地域の発展に貢献してまいります。

お問い合わせ  採用情報